このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちについて

About us
03a26546 5f18 45e6 a3ff bd76b77826bd
images

JBRの事業

カギ・水まわり・ガラス・パソコンなどにおける、総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を展開。24時間・365日体制で日本全国のお困りごとに対応しています。

コールセンター運営・出動の代行サービス「スーパーコールセンター」をはじめ、トラブルに備えた生活会員「安心入居サポート」「学生生活110番」、インターネット回線取次サービス 「ネット110番」などを運営。その他には、子会社で少額短期保険「新すまいRoom保険」「お天気保険」「ちゃりぽ」などの保険商品も提供しています。

JBRの企業理念 ー 困っている人を助ける ー

【1】私たちは「困っている人を助ける」企業活動を通じてより多くの“ありがとう”という感動をお届けいたします。
【2】私たちは“ありがとう”という感謝の気持ちで行動します。
【3】私たちは、お客様に“ありがとう”と言っていただける安心・安全・快適なサービスを提供できるよう、行動します。
【4】私たちは、JBRに携わる人の「夢の実現・「幸福の追求」のために行動します。
images

ユーザー数約238万人。全国でサービスを提供(生活会員事業)

日本全国に独自のサービスネットワークを構築し、47都道府県のあらゆる地域でサービスを提供しています。

保有会員数は増加の一途をたどっており、2013年には100万人を突破。現在は約238万人以上のお客様にご利用いただいています。(2017年時点/月額会員数、子会社サービスの会員数を含む)
images

売上高117億(2018年9月末)

2017年に創業から20年を迎えたJBR。全国の「困っている人を助ける」ためにサービス領域の拡大とともに、顧客獲得を実現してきました。

創業以来、着実な成長を続け、2007年には東証一部へ上場。100億円を突破した2013年以降も、業績は右肩上がりです。2018年の売上は117億円に達し、営業利益は過去最高益の14.3億円となりました。

「ありがとう」が事業の原点

JBRの事業が生まれた背景には、代表・榊原の学生時代の原体験があります。それは、バイクのトラブルで困っている人を助けたときのことです。その時、相手の方から伝えられた、心からの「ありがとう」。 その一言が、バイクレスキュー事業を立ち上げるきっかけとなりました。それから現在に至るまで、さまざまな「お困りごと」を解決する会社として、一人でも多くの「困っている人を助ける」ために、サービス領域を拡大し続けています。
images

弊社のCSR活動

働く意思があっても就職できない知的障がい者の月額平均工賃は約1万5千円。障害者年金を加えても生活保護の受給額よりも少ない状況です。
弊社は障がい者の所得向上と雇用促進を目指し
NPO法人AlonAlon」に協賛しています。
AlonAlonの活動内容の一例として、障がい者の方が栽培した胡蝶蘭などの高品質な花を販売し、雇用改革をするプロジェクトなどに力を入れています。
> お花の販売ページ

images

採用情報

Jobs